原田病治療ブログ原田病の基礎 > エムアールアイ(MRI)とは

エムアールアイ(MRI)とは

スポンサードリンク

MRIとは・・・

強い磁気の中で体内の組織をより詳しく調べるために電波を体に加え、全身色々な方向から断層像を撮影します。撮影時間は30〜40分ぐらいかかり、X線やCTスキャンのような放射線による危険性はありません。

撮影中に「ガンガンガン」と大きな音がするのは画像を撮るために磁場を少しずつ変化させる必要があるために生じる音です。

MRIの造影剤とは・・
造影剤は静脈内に注入され、造影剤が体全身の血液中に広がり、各臓器の血流の状態がわかります。

造影剤の副作用・・
検査中に気分が悪くなったり、じんましんや吐き気、かゆみがあったりすることもありますが、現在では副作用の少ないものが開発されています。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】