白内障とは

スポンサードリンク

白内障とは・・・

目の中の水晶体(レンズ)が白くにごり視力が低下する病気です。
白内障はさまざまな原因でおこりますが、一般的に加齢による「老人性白内障」で、これは年齢と共に誰もが避けられない老化現象です。

白内障が進行して、水晶体のにごりにより視力低下を伴うと薬などで回復することはできず、進行を予防する事は出来ても、視力を回復させるのには手術以外ありません。

症状はかすんで見え、くもりガラスを通して見ている様な見え方で、明るい所へ行くとまぶしくて見えにくくなります。

加齢の原因だけではなく、目の外傷、糖尿病、栄養失調、アトピー性皮膚炎、その他遺伝、ステロイド剤による薬の副作用、ぶどう膜炎などの目の病気、網膜はく離など様々な原因によるものもあり、生まれつき水晶体(レンズ)ににごりのある先天性白内障もあります。

にごりの原因は水晶体(レンズ)は水分とたんぱく質の成分でできていて、その水晶体が紫外線やパソコンの青色光などにより、活性酸素(酸化力の強い酸素)が発生し水晶体を白くにごらす一因となります。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】