網膜剥離

スポンサードリンク

網膜剥離とは・・・

網膜はカメラでいうとフィルムの役目をしています。
眼球の内部を半分以上覆っていて角膜から光が入り、
水晶体、硝子体を通ってきた光を感じ、突き当たりの
視神経乳頭へ伝え、視神経を通って脳へ送られます。
目の組織の中でも最も大事な役目をしています。

眼球の外側の強膜と内側の網膜の間には「脈絡膜
という血管組織があり網膜に栄養を与え、色素が
多く虹彩と同じく光の量を調節する役目
もします。

フィルムの役目をしている網膜に何らかの原因で
穴が開き、眼球の水分が穴から網膜の後ろに廻り
込んで網膜がはがれる事を網膜剥離といいます。

原因は分かりませんが体質や加齢、打撲、強度の
近視
などの誘因と思われます。網膜剥離が起きると
網膜に栄養が行かなくなり、機能が著しく低下します。

また、網膜に穴が無いのに剥離を起こすこともあります
この場合は、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎、眼内腫瘍などが
原因で合併症として起こります。

網膜剥離を起こすと、視力が低下し、視野の一部が黒く覆われ、
剥がれた部分によって見えなくなる視野が違い、上部が剥がれると
下の方が見えなくなり、下部が剥がれると上の方が見えなくなります。

治療は、初期の場合穴の周りを角膜側からレーザーで焼いて、
穴を閉じるという治療でおさまることもあります。

手術の場合は、強膜バックリングというシリコンを縫い付けて、
外側から網膜を押し付けるという手術を行います。
重症の場合は、硝子体にガスを注入して膨らませ、剥がれた網膜を
押し付けるという硝子体切除術を行います。

ガスを入れた場合、手術後、ガス抜きの為ずっと下を向いて安静に
してなければならない為、精神的に辛い状態が続きます。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】