原田病治療ブログ原田病の基礎 > 肝臓【GPT・GOT(肝臓に含まれている酵素)】

肝臓【GPT・GOT(肝臓に含まれている酵素)】

スポンサードリンク

肝臓とは・・・

体の中で最も大きな臓器で、毛細血管が多く分布しています。
GOTは肝臓に多く含まれている酵素で、アミノ酸をつくり変える働きをします。

普通は血液中にわずかしか含まれていませんが、肝臓が障害を受けると細胞から血液中に入ってきます。数値が500以上の場合は急性肝炎が疑われます。

※100〜500以上の場合、脂肪肝(非アルコール性)や慢性肝炎で上昇し、GOTよりGPTが高くなります。
※アルコール性の肝障害は、GOTのほうが高くなります。
肝硬変は150以下のことが多く、GOTのほうが高くなります。
肝がんは、GOTとGPTの差が大きく広がります。
心筋梗塞、筋ジストロフィ、多発性筋炎は、GOTだけが高くなります。

【肝臓のはたらき】
養分を蓄え、体の代謝や体温の維持を保ち脂肪の消化を助ける胆汁(胆液)をつくります。
解毒作用や血液の循環を調節し、血液を貯蔵する役目をしています。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】