パルス療法

スポンサードリンク

パルス療法とは・・・

症状が重くて、早急な対処が必要とされる場合にステロイド剤を大量に投与する療法です。
この療法によって効果をあげることがあります。

使用量は1日500mg〜1000mgでこれを3日間連続して行います。
1000mg(ソルメドール)は錠剤250錠分です。セミパルスといって、その半分の量を使用する場合もあります。さらにミニパルスも行われています。

1週間に3日間を1クールとして、1ヶ月に1クール行うのが通常です。重症の場合は最大3クール連続して行うこともあります。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】