漢方薬

スポンサードリンク

漢方薬とは・・・

ステロイドを飲むことによって、むくみ、体のだるさなどを改善される漢方薬です。
ステロイド離脱療法として、漢方薬を取り入れて治療している眼科医があります。
もちろん内科医でも相談できます。

眼科では、網膜のむくみをとったり、眼圧を下げる為に用いられます。
他に、体のだるさやむくみの症状を改善する漢方薬です。
柴苓湯(サイレイトウ)はステロイドの使用量を減らす、柴胡(サイコ)という免疫調節機能があり、免疫系の回復に使われます。

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)関節痛やむくみ、体のだるさ、発熱、疲れなどの回復に使われます。
漢方薬も色々な種類があり、その時の体の状態などを見ながら専門医が腹診にて、漢方薬の種類を決めます。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】