原田病治療ブログステロイド > ステロイドによる副作用

ステロイドによる副作用

スポンサードリンク

原田病を発症してから1年半になります

原田病薬

今だ、ステロイドとの闘いは続いており、昨年(2005年)8月にステロイドの副作用による白内障の炎症が起きており、今年(2006年)1月に左眼の白内障の手術をしました。右眼はその時はまだクリアの状態で、このまま白内障にならない事を願っていましたが、残念ながら4月中旬、急に目が白く曇り日常の生活もままならない状態が続き、5月26日右眼の白内障の手術を受けました。

ステロイドを長く服用していると、副作用の問題がでてきます。ステロイドを飲むと免疫が下がり体のいたる所に障害がでてくるのです。人間の体は免疫を高めなければ、病気と闘えないのです。

でも、この原田病は免疫を高めると炎症もしくは再発してしまうのです。その為ステロイドを飲むことによって眼にはいいのですが、体のどこかに障害が起きるのです。私はこの繰り返しを何度も行い身も心もボロボロの状態が続きました。

このページを見てくださっている方の中でも、きっと苦しい毎日を過ごされている方がいらっしゃると思います。

ステロイドから離れたいという思いは、私も苦しいほどわかります。ステロイドを飲んだときの体のだるさやむくみは一日中、そして飲んでいる限り何日も続くのです。そして、次から次と副作用による体の不調により、思うように動けず、働けず、くやしい思いは私だけではないと思います。

今、私にとって一つだけ確実に変化した事があります。
白内障(右眼)の手術を目前として、知人から勧められたサプリメント>(栄養機能食品)が体の変化を感じられたのです。
手術の一週間前からサプリメント>(栄養機能食品)を飲み、飲み始めて三日目体の変化を感じたのです。
それは、ステロイドを飲んでも体がだるくなく、反対に体が軽くなり思うように動ける状態になったのです。実は、手術前炎症が起きていて先生から反対されて受けた手術だったのです。

手術後の副作用(感染症、眼圧)の問題があり、落ち着いてから手術を受けるように言われたのですが、今年も挑戦する綿の木の種子植えと、私事ですが車の免許の更新があり、不安もあり大丈夫だという確信もなかったのですが、手術をして欲しいと押しきったのです。

手術を目前にしての事だったので、飲んでも効くかどうかわからなかったのです。やっとステロイドが15mg(3錠)になっていたのに炎症があり、手術に向けてその倍30mg(6錠)を飲む事になったのです。
手術を受けても結果はわからないという先生の言葉に、私自身このサプリメント(栄養機能食品)の効きめに可能性を賭けてみようと思ったのです。

とにかく、治る一心でステロイドを飲んだ時の体の状態(サプリメント(栄養機能食品)を飲むと免疫が上がり、免疫を下げる原田病には、この兼ね合いが難しい)を調整し、粒数も考えながら飲んだ結果、手術後の回復には驚きでした。

手術の翌日、心配していた眼圧は両目とも数値が9、視力も左1・5、手術した右目(手術前0・5)1・0と全く問題なく、炎症もおさまり感染症もなく、原田病の再発もなく一週間で退院できたのです。


※このサプリメント>(栄養機能食品)は、私のような原田病に限らず、色々な病気にも効果が表れていると言われています。ステロイド離脱療法のページで紹介した漢方薬は今、ストップしている状態です。
しかし、ハリボーイ(電子針)だけは今も続けています。こまった事に入院してから5日目に髪の毛が少し抜けてきたのです。(入院中は、使用してない) やはり、ハリボーイは続けなければと思いました。

※一日も早く原田病が治り、そしてステロイドからも早く離れたい気持ちでいっぱいです。
病気との闘いはまだ続きますが、可能性に賭けあきらめず、前進の日々を過ごしたいと思います。

今、このページを見てくださっている方で苦しんでいる方、是非、ご連絡ください。
私の体験に基づき、わかる事はすべてお話しします。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】