原田病治療ブログステロイド > ステロイド剤局所注射

ステロイド剤局所注射

スポンサードリンク

急結膜下注射とは

ぶどう膜炎(虹彩、毛様体、脈絡膜)などによって最も強い炎症を起こした場合、
消炎として白目の表面に注射を行います。
眼の前の方に角膜があって、虹彩、毛様体があり(前部ぶどう膜炎ー前眼部型
眼の後ろの方に網膜、脈絡膜があります。(後部ぶどう膜炎ー眼底型

物を見る網膜(視細胞)が炎症を起こすと視力が低下します。

前眼部型は、虹彩と毛様体の炎症の繰り返しで、眼底には炎症が見られないタイプです。
眼底型は、眼底に出血や血管炎などの症状が現れます。

このように、最も強い炎症を起こした場合、ステロイド剤を球結膜下に注射をします。
その症状により、回数も異なり何度か行います。

副作用として、眼圧上昇、白内障の進行、感染症などが起こり緊急の処置、手術、長期入院が必要となる場合があります。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】