原田病治療ブログステロイド > ステロイド離脱(2007年9月)

ステロイド離脱(2007年9月)

スポンサードリンク

2年9ヶ月、やっと離れた・・・

長かったあ〜!でも油断はできない!と言う今の心境・・・

ステロイドを止めて今日で17日目、4日前に診察があり結果は良好でした。
漢方薬をとり入れてから一年半、大學病院から今の病院に変らなければいまだに
ステロイドの離脱はできなかったと思います。

白内障の手術のため、15mg(3錠)から一気に30mg(6錠)になり
手術後二ヶ月の間10mg(2錠)減ったものの、炎症が起きているからと
ステロイドを増やすと言われ、もうー限界でした。

ハリボーイ、サプリメント、そして内科医院から漢方薬をもらい飲んでいました。
その時の薬剤師の方から、漢方薬をとり入れている今の眼科医院を紹介して頂きました。

眼科医院に行き、事情を話しその日からステロイド離脱の方向へと先生と
一緒に闘ってきました。
漢方薬も、お腹の触診にて種類を決めその時々で変りました。

漢方薬とステロイド10mg(2錠)が6ヶ月、7・5mg(1錠半)1日おきが3ヶ月
5mg(1錠)1日おきが6ヶ月、・・・と1年5ヶ月に渡りステロイドを減らし
いま現在漢方薬だけを2種類、飲んでいます。

後は、ハリボーイを時々、サプリメントは毎日飲んでいます。

初診時、先生になぜ漢方薬をとり入れているのか聞くと・・・
「体のむくみを取りのぞいてやるには、すなわち水の流れを良くするため、
目の網膜の腫れ(水が溜まる)も同じで、流れを良くすると腫れがひくという原理で行っています。」
この言葉を聞いて、本当にここの眼科医院に来て良かったと思いました。

これから寒くなります。まだ原田病の治療は続きますが、風邪に注意しながら
炎症が起きないよう過ごしていきたいと思います。


スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】