原田病治療ブログ原田病闘病日記 > ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記)

ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記)

スポンサードリンク

原田病・・・闘病日記

2005年2月2日(水)
ステロイド内服40mg(朝6錠、昼2錠)

寝不足が続き辛い。夜9時に睡眠薬をを飲んで夜中2時半に目が覚めた。
朝4時、頭痛がする

10時、体がだるい。ニキビのような湿疹がでてきた。

午後3時、教授回診
だいぶ良くなってきているが水が減ってドライになるまでもう少し時間がかかるとの事。
普通より重かったので時間がかかったけれどがんばるようにとの事。
ステロイドを飲んでいるとこれからお月様(ムーンフェイス)のように顔が丸くなり、る可能性があると言われた。

入院時より食事の事は気をつけているが、顔がまるくむくんでいるのは自分でもわかる。
4時から30分くらい担当の看護師さんと治療やこれからの事を話しをした。

今日の夜から違う睡眠薬を飲む事になった。
睡眠薬を飲んでも眠りにつくまで時間がかかるので、即効性で短時間の効き目らしい。
睡眠薬は飲みたくないが、寝不足が続くと辛い。精神的にまいってしまう。

2005年2月3日(木)
ステロイド内服40mg(朝6錠、昼2錠)
睡眠薬を変えたが夜9時に飲んで夜中2時半に目が覚めた。
即効性だがなんだか怖い感じがする。朝までまだ長い

朝10時30分、病棟長回診
良くなってくれてるがまだかかる。最初の時の炎症から見るとだいぶ良いとの事。

午後4時、主治医診察
視力検査、右目が回復せず少し様子を見て考えましょうとの事。明日外来で視野検査、色別検査をするとの事。

7時45分、息子に電話する。
いつになったら退院できるのかと聞かれ困った。もう少しかかるけれど一緒にがんばろうねと答えるのが精一杯だった。


2005年2月4日(金)
ステロイド内服40mg(朝6錠、昼2錠)

昨日は早く目が覚めたので、夜10時に睡眠薬を飲んだ。前日の怖い感じが頭にあったが、不眠の辛さがあり、飲んだ。
数分で記憶(意識)が飛ぶ。・・・ふっと怖くてまた起きようと意識を戻す。何度かこの繰り返しが続き、朝4時50分に体のだるさを感じ目を開けた。

朝6時、起床なのにふらつきがあり起きれない。今までより少し強い睡眠薬のためなのか。

7時20分、息子に電話する。これから朝ご飯を食べて学校へ行くとの事。

10時30分、ふらつきはあるが少し良くなる。

11時、外来へ行く。視野検査、色別検査。

午後1時30分、主治医診察。
視野検査の結果はかなり良くなってきている。データを見せてもらう。
1回目の時より2回目(再発)の方が見えない部分(黒色)が多い、3回目は少し減り、今日の検査では見えない
部分(黒色)は少なくなっている。色別はまだでないとの事。

5時15分、外来へ行く。眼底写真をとる。

6時30分、ぶどう膜の先生、主治医診察。
目の下の網膜はく離が少し残っているため、水はあるけれどよくなっている。順調ですとのこと。
目の中に色素の点々があるがそれは関係ないので大丈夫との事。
良くなってきているとの事で涙が出た。
明るい所で見ると手元の字が綺麗に見える。

7時40分
検査結果の事を子供達に電話する。
良い結果で子供達も安心する。

9時、消灯
9時30分、めまいがひどいのでもとの睡眠薬を飲むことになった。
今日は、すぐ眠れそうだ。

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】