原田病治療ブログ原田病闘病日記 > ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【25】)

ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【25】)

スポンサードリンク

原田病・・・闘病日記【25】

2005年 2月24日 (木)

  ステロイド内服  60mg(朝 8錠、昼 4錠)


朝 6時  字が見える。ゆがみ(水の中)は変わらず。
       左目より右目の方が中心が少しかすむ。
       手がしびれる。
 

11時15分  病棟長  回診

       なにも問題なく、良くなってますね
       という事。

午後 1時30分

       右手のひとさし指となか指がしびれる。

 
午後    3時
    
      看護士が突然、胃薬を持ってきた。
      「えっ、何?」と思った。
      
      ガスター毎食3回10mgのところ、(30mg)
      1日2回朝夕飲むようにと20mg×2(40mg)という事で持ってきた。
      ここで10mg多くなることになる。
     
      この胃薬は私にとってとても強い薬になる。なぜ?
      私の方から何も胃薬のことは言っていない。
      
      胃の調子も何でもないのに何故と聞くと、
      主治医からの指示だと看護士が言った。
      
      いつ、指示がでたのかと聞くと、ちょっと間があり、
      たった今だという。
      
      私は疑問に思い、看護士に要らないので持って行くように言った。
      何故か、私の目の状態が良くなると変な行動をする主治医。
      疑いたくもなる。

午後  4時
     どうしても、胃薬の件が納得いかず、看護士と話す。


午後  8時

     今日も色々あったが、看護士に私の思いを伝えたので、
     少し落ち着いた。いまだに薬の恐怖があり、二度と
     再発はしたくない。
      
      
      

スポンサードリンク





原田病治療ブログに戻る>>



原田病治療ブログ


| 原田病〜ステロイド離脱から | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【30】 | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記) 【29】 | 高脂血症(こうしけつしょう) | ぶどう膜炎〜原田病(闘病日記 【28】